【数秘術】2020年どんな年?

こんにちは!小平市の占いサロン・ノッテセレーナの秋月優佳です。
今日は数秘術です!2020年が世の中的に見てどんな一年になるのかを考えてみます。

数秘術には個人のテーマと世の中のテーマがある。

数秘術では個人の一年がどんなテーマであるかを見る数と、世の中の流れがどんなテーマであるかを見る数と二通りあります。
そして、世の中のテーマと個人のテーマが繋がるようにすることでより良い流れを掴むことができるんですね。
なので、今年は世の中がどんなテーマで進んでいきそうなのか?を知ることで、自分の助けにもなるってことです!

2020年は「4」

2020年は「4」の年です。4という数字の意味は色々とありますが、

  • 安定
  • 堅固
  • 安全
  • 保守的
  • 実際的
  • 構造
  • システム
  • 堅実
  • 客観性
  • 制限
  • 秩序

などなどです。数秘術の中で「4」という数字は季節に例えれば真冬です。
じっと寒さが過ぎるのを耐え忍ぶ時です。
なので新しいことを大々的に進めるような雰囲気ではありません。現状維持に努め、静かに過ごす時です。
しかし、何もしないというわけではなく、春が来て暖かくなったらすぐ動き出せるように準備をきちんと進めます。

「4」の年に起きそうな出来事。

前年までに進めてきたことの結果が良くも悪くも出る時です。
そして、「4」という数字はとっても真面目です。きちんとしています。
世の中全体がそういう雰囲気になるので、社会的不正などに対して人々の目がより厳しくなります。
法案や経済システムに問題が見つかったりするかもしれません。
環境問題や、気候変動、地震、なども多い年です。
以前の「4」の年、2011年には東日本大震災などもあり、地震や災害への準備はしっかりしておいたほうがよさそうです。非常食、非常時に必要なものはしっかりと備えておくと安心でしょうね。
不安、迷いを持つ人も増えてきます。
今年はもしかしたら新たな価値観みたいなものが生まれる年かもしれません。新しい常識みたいな。
AIとかいろいろと研究されていて、なくなる職業なども挙げられている昨今、何かそういう類のもので革新的な動きがあるかもしれません。
そういえば、ひと昔前まではスマホなんてものがこんなに普及するなんて考えられませんでしたからね(;^_^A

「4」の年はルール設定をしっかり。

混沌から秩序をもたらすなどの意味がありますから、ルール作りをきちんとするというのも大事です。
国家のような大きなレベルで見れば、法案の整備、個人レベルで見れば家庭内でのルール決め、生活のルールを決めるなどでしょうか。
「毎日必ず6時に起きる」とか、「週に3日は運動する」とかですね。

「4」の年は形にすることを意識する。

イメージするだけでなくそれを形にしていくことも大事な年です。
「こうできたらいいなぁ」とか「こんなことできたらいいなぁ」と思っていることをただ想像するだけでなく実行に移していく、といったような感じですね。
また、感情だけで物事を判断せずに、情報や実際の事例などをもとに決めるようにするといいです。
情報をしっかり読み取ることがスムーズに過ごすコツです。
そして慎重に行動すること。石橋を叩いて叩いて叩きまくって進むような感じ。
何事も強引に事を進めようとせずに辛抱強く慎重に…がキーワードです。

2020年は真面目にコツコツがキーワードです。

新型コロナの感染拡大や、それに伴う日用品の欠品や学校の休校など不安なスタートを迎えた2020年。
経済への影響も大きく出ているようで、今後の生活に不安を覚えずにいられません。私もその一人です。
真冬の年だからこそ、コツコツ進められる準備もあるはずです。
真面目に慎重にコツコツと辛抱強く…をモットーに仕事や勉強、人間関係に取り組んで下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました★

小平市の占いサロン・ノッテセレーナ 秋月優佳

Similar Posts: