【新型コロナウイルス】ワクチン、いつできる?タロットで占ってみた

2020年6月17日

こんにちは!小平市の占いサロン・ノッテセレーナの秋月優佳です。

新型コロナウイルスのワクチン。世界中で開発されているそうですが、ワクチンを実用化するにはかなりの時間が必要と言われています。

少しでも早く、ワクチンや治療薬の開発が進んで欲しいものですよね。今日は、ワクチンや治療薬が実際に使えるようになるのはいつ頃になるのか?をテーマにタロットを引いてみました。



年ごとに3枚引きました。

まずは結果に出たカードをどうぞ。

今日は左から、

  • 2020年内に開発完了
  • 2021年に開発完了
  • 2022年に開発完了

という順番にカード引いてます。

では、さっそくリーディングしてみましょう。

【2020年】カップの6 逆位置

まず、一番左のカードから。カップの6の逆位置。

ワクチンや治療薬の開発は進展していきそうですが、一般に使用できるという段階まではいかなそうです。

ただ、成功に向けて道が開けるような雰囲気なので、絶望的なわけではないです。何度も臨床試験などを繰り返し、結果から有益な情報を掴めるような、そんな感じです。少しずつではありそうですが、着実に前に進めそうです。

【2021年】ワンドの6 逆位置

次に中央のカード。ワンドの6で、これも逆位置。

はい、「失敗」です。2021年はワクチン、治療薬無理そうです。

2020年には少しずつ進んでいけるのですが、2021年にはその前進が止まってしまいそう。いや、むしろ後退。挫折とか、そんな感じ。何が起こるんでしょう…。ウイルスの変異とか…?

【2022年】ワンドのクイーン 正位置

最後、一番右のカード。ワンドのクイーン。

2022年が一番、可能性がありそうです。状況が安定するとか、落ち着くとかそんな感じ。

2022年にはワクチン、治療薬の開発成功にこぎつけるかもしれませんね。そして、一般に接種できるようになって状況が落ち着いてくれることを願いたい…。

【まとめ】2022年が一番期待できそう

今日は「新型コロナウイルスのワクチン、治療薬、いつできるか?」をタロットで占いました。

結果では2022年が一番可能性ありそうで期待です。

でも…やっぱそこまでかかっちゃうのね…というのも占っていて感じた本音(*´Д`)

少なくともワクチンや治療薬ができるまでは、マスク必須生活や人との距離をとる生活など続けていかなければならないわけですもんね。

緊急事態宣言は解除されたものの、やっぱり遠出はまだ避けたいし、映画館とかカラオケとか外食もやっぱりまだやめとこかな?って私は思ってます。同じ感覚の方もいらっしゃいますかね?きっとそういう方、多いはずですよね。

一日も早くワクチン、治療薬の開発に成功してもらいたいものですね。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました★

小平市の占いサロン・ノッテセレーナ 秋月優佳




誰にも相談できずに悩んでいることありませんか?

あなたのお悩み、ご相談下さい。気になる悩み事を解消するお手伝いをさせて頂きます。小さなお悩みから大きなお悩みまで、どんなことでも構いません。気軽にご相談下さいね。一緒に向き合って、一緒に悩んで、少しでも心が晴らすお手伝いができたら嬉しく思います。下記よりメール鑑定をご依頼下さい☆

Similar Posts: